楽天 英など3か国でネット通販から撤退

こんにちは!呉 達人です。


国内では大手ショッピングモールとして知られている楽天市場ですが、海外では現地のベンチャーとか競合がたくさんいるわけで、その規模を拡大し続けることは非常に難しいんですね。。
選択と集中というのは恐らくどの企業にとっても課題で、それは僕自身もそうなんですが、撤退する時ってタイミングが非常に難しいですよね。
僕も仕事をしている中で、攻めるときと引くときのタイミングにはいつも考えさせられます。
逆に言えば、そこが強化できれば、もっとチャンスはあるのかもしれませんけどね。

楽天は国内でも賛否両論というか、Amazonの進出と普及率が高いですから、国内的にも苦戦しているような印象はありますね。僕自身も、正直ほとんど楽天では買い物はしていないです。楽天カードと楽天競馬には大変お世話になっていますが。笑
楽天銀行とかは、便利っちゃ便利だけど、どうしてもケアがイマイチだったりとか、割と負の印象や意見も聞くので、国内でもどういった立ち位置で展開していくのかは気になりますね。
めっちゃ上から目線で恐縮ですが。苦笑

関係ないですが、楽天イーグルスは昔からのファンなので、頑張ってほしいです!

今日はここまでー。

AD

この記事が面白かったらシェアしてください!励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です