一生使えるスキルを磨くこと

こんにちは!呉達人です。

最近仕事をしながら考えていることがあるので、今日はそんなことについて書いていきます。

出発は「個人で生き残っていくには」

僕は現在、個人事業主として生活をしているのでビジネスのことはもちろんですが、やはり自分の生き方というか、仕事の仕方というか、そんなことは常に考えています。
一口に個人事業主や自営業と言っても様々な職種がありますし、色々なビジネスモデルがあると思います。
これは僕の持論ですが、「夢だけ追い続けて現実的に稼げていない」状況以外のビジネスに関しては、正直良いとか悪いとかは無いと考えています。(もちろん、法に触れることはNGですが。)
なんで夢だけ追って稼げていないのがダメかというと、単純にそれによって人に迷惑をかけてしまう可能性が高いからです。
なので、別に誰にも迷惑をかけずに夢だけ追い続けているとか、そういったことならOKだと思っています。

さて、それは置いておいて。
色々考えている中で最も根本にあるものと言えば、

この先も生き残っていけるのか

の一言に尽きます。
自営業や会社経営をしている人は、皆さん「会社=自分」であって、会社の行く末は自分の人生の行く末でもあり、社員を抱えている経営者の方なら多かれ少なかれ社員の人生も含めて今後の行く末を考えていかないといけないと思います。
僕は今のところ社員さんは抱えていませんが、少なくとも自分が取り組んでいるビジネスがイコール自分の今後に影響があるのは間違いないです。

稼ぐことの目的とは?

自分でビジネスをする目的は人それぞれですが、少なくとも稼いでいかないと生活ができません。
「稼ぐ」ことが大事というより、「稼ぎ」が必要って感じでしょうか。(日本語って難しい。笑)
稼ぐため(稼ぎを得るため)に必要なこと、やることは様々ですが、例えば

・稼ぐためと割り切って、好きでもなければ興味がないことでも取り組む
・好きなことを追及して、結果としてそれが稼ぎ(ビジネス)になる

といった議論は永遠のテーマかもしれません。
自営業になってから、同じように自営業や会社経営をされている方とお話しする機会が増えましたが、このテーマはよく出てきます。
正直、どっちが正解とか間違っているとか、それは無いと思っています。

ただ、最近になって非常に意識するようになったことがあります。

自分がやっていることは一生使えるのか

これが僕の中で最大のテーマであり、ある意味、新しいビジネスなり勉強なりをしていく上での判断基準と言えるかもしれません。

一生使えるスキルとは?

昨今はITなど技術の発展が目まぐるしいのは僕が言うまでもなく、いよいよ「ペッパーくん」なんていうロボットが登場した時には正直ゾッとしました。
だって、彼の頭脳や記憶できる容量には絶対に人間は敵わないからです。
巷では「10年後に無くなる職業」なんて記事やニュースもチラホラ出てきており、いよいよSF映画のようなロボットの世界がやって来るのか、と思ったこともありました。
とはいえ、そればかり考えて悲観していては何も始まらないので前を向かないとですが。。

自分の中で一生使えるスキルを身に付けておくことは非常に重要だと、改めて感じています。
そして、一生使えるスキルとは何なのか、ということを自分なりに考え始めています。

答えは無いけど、少なくとも自分が確信を持ったことなのでは?

この時点で全て答えが出ていたら良いですが、残念ながらそこまで行き着いてはいません。笑
ただ、少なくとも一生使えるスキルを磨いていくことを意識することで、今後やらなければならないことも変わってくると思っています。
とはいえ、目の前の稼ぎも必要なので、時には一生使えるスキルとは別のことをやらなければいけないこともあるでしょう。
そのバランスは状況によって変わってくるとは思いますが、僕としては、少しずつ一生使えるスキルを意識した行動の比重を大きくしていきたいな、というのが現時点での結論です。

もちろん、そう考える中で何を選択するかは大事だと思いますし、時には間違うこともあると思いますが、まずはやってみないと分からないということは昔から変わってない気がします。

「何事もチャレンジ!」というのは大事ですが、それに加えて「一生使えるスキルを磨くことにチャレンジ!」という流れに持っていくのがベストなのかなーと思う今日この頃でした。

今日はここまでー。

AD

この記事が面白かったらシェアしてください!励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です