今日も都知事の話題で

こんにちは!呉 達人です。


ちょっと今日もこの話題で書きたいと思います。

いよいよ始まった東京都議会。自民党の議員は開口一番、今回の件について厳しく言及していたのは良かったなと思いました。
言っていることは確かに正論で、僕が一番良くないと思っているのは、舛添さんに対する抗議の電話やメールの対応で、都庁の職員さんたちが時間を取られてしまっているということ。
これは本当に死活問題ですよね。
この事態は早く収束しないと、ただでさえ都庁なんてそんなに暇じゃないんだろうから、本当にこんなことで時間使わせちゃダメでしょ。
舛添さん、ボーナスもらうんだったら、その分を全部抗議とかの対応してくれている職員さんに与えるべきかと。
そのくらいのことしないと、無責任極まりないですよね。まぁ、すでに無責任でしょうけど。

反省していると言っておきながら、寝そうになる舛添さん

僕が一番気になっているというか、腹立たしいというか、逆になんで大々的に報道されないのかなって思ったんですけど。
こんな事態ですから、午後の報道番組でも都議会の中継が放送されているわけで、それをちょっと見ていたんですが、舛添さん、つらつらと質問(というか追及)されているにも関わらず、眠そうにしてたんですよね。。。
最初はまさかと思いましたが、明らかに目が閉じそうになっているし、少し体がゆらっとなっていたりして。
いやー、もうここまで来ると大したもんですよ。
やっぱり、政治家さんになるような人は、このくらい肝が座っていないとダメなんでしょうかね。
いくら事前に質問がわかっているとはいえ、昨日の会見で反省していると言っていたし、都民のために粉骨砕身働かせていただきます、的なこと言ってましたけど、この都議会は仕事じゃないんですかね?
粉骨砕身仕事しすぎて、眠たくなっちゃったんでしょうね、きっと。

今後の進退について

これは昨日も書きましたが、やはり選挙に向けた舵取りが一番の要素になると思っています。
とはいえ、事態の収束を考えると、辞任する方向も十分あるなと感じてきました。

あとは、国民、都民の代表である議員さんたちにお任せするしかないんですけどね。

AD

この記事が面白かったらシェアしてください!励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です