個人事業をスタートして、改めて感じるメリット・デメリット

こんにちは!呉 達人です。

僕が書くまでもないって感じではありますが、自分の頭を整理するという意味でも書いておきます。

今日は個人事業やフリーランス、法人化してもいわゆる「マイクロカンパニー」と呼ばれているような、要は自分一人とか少人数で事業を展開している組織のメリットとデメリットについてです。

こういうテーマって、どこにでもありますよね。笑
なので、このテーマを書く前に色々考えたんですが、結局は自分自身が経験していることを率直に書くのがいいなと思いました。
一般的なメリットやデメリットを並べたところで、当てはまる人、当てはまらない人がいるのは当然。
そして僕自身が感じるメリットがメリットと感じない人もいるでしょうし、その逆も然りでしょう。
あくまでも、僕が実経験として感じていることを書いていきます。
もしかすると、しばらく時間が経ってから読み返してみると、デメリットがなくなっていたり、メリットがなくなっていたり、必ず変化はあると思うので、そういった意味でもこの時点で感じたことを書いてみます。

個人事業のメリット

さて、少々前置きが長くなりましたが、まずはメリットについて。
ここでは「個人事業」と書かせていただきましたが、冒頭で挙げた通り、それに近い状況は全て含んでいると思っていただいて結構です。

時間に縛られない、自由なライフスタイル

まず何と言っても、時間的に自由というのが挙げられます。
とはいえ、です。
これはあくまでも、いまの僕が取り組んでいる事業がインターネットメインで、悪い言い方をすれば人との関わりが少ないからに他なりません。
個人事業といっても、業種によって多種多様ですから、逆に取引先やパートナーありきのお仕事もたくさんあるでしょう。
そういった業種の場合は、当然ですが人との関わりが重要ですから、常にコミュニケーションを取ったり、打ち合わせをしたりといった形で必然的に時間の制約が出てくる部分があると思います。
よく、「個人事業=自由」みたいな風潮はあるかもしれませんが、それは仕事によりけりって感じですよね。

僕の場合は、確かにいまは時間的に自由ということがメリットになっていますが、正直、このままでは良くないと思っています。
今後、事業を拡大して収益をさらに増やしていくためには、当然他者との関わりが必要不可欠なので、この部分はメリットでもあり、課題でもあるかなと思っています。

好きなことができる

次に思いつくのは、好きなことに取り組める、ということでしょうかね。
ただ、これは別に好きなことだけやっているというわけではなくて、言い換えれば「やりたくない仕事はやらない」とも言えます。
もちろん、100%やりたくないことをやっていないわけではないです。
そこまでワガママして事業を続けていくのは、さすがに無理ですからね。笑
時には「面倒だなー」と思う作業とかもあるにはありますが、根本的には、やっぱり好きでやっているというか、別に苦にならない、というのが本音なので、こういう言い方をしました。

これはデメリットにもなりますが、確かに一人でやっている以上、やることはたくさんあります。
中には、人にお願いできる単純作業はパートナーさんにお願いしている部分もありますが、基本的には自分でこなすべきタスクの方が多いので、やることは尽きないですが、結局「苦にならない」というところが一番のポイントかなと思っています。

ストレスが少ない

先に挙げたことにも繋がると思いますが、そんな感覚でやっているので、ストレスは減ってかなと思っています。
最近、体調が悪くなって病院に行くと、何でもかんでも「ストレスが原因ですね」って言われる気がするし、世の中的にもそんなような気がしています。
そりゃ、ストレスフリーに越したことはないですが、人間、ストレスがなくなり過ぎると逆に緊張感がなくて良くないなーとも思います。
そういった意味で、いまは適度に過ごせているのがありがたいことです。

個人事業のデメリット

では、デメリットについてです。
ここまで考えた時に思ったのが、やっぱり挙げ始めるとキリがないということです。笑
では、具体的に挙げてみます。

お金の管理は全て自己責任

サラリーマンだと、月に入ってくるお金が決まっているので、その範囲の中でやりくりしますよね。
また、税金なども基本的には会社が管理してくれていますので、手元に入ってきたお金の中で生活していく、というのが一般的でしょう。
個人事業になると、当然管理してくれる人なんていませんから、お金をどう使うか、どう貯めるか、そしてどう稼ぐか、全て自分次第です。
もちろん、サラリーマン時代よりたくさん稼げる可能性があるという意味ではメリットになりますが、トータルで考えるとデメリットの方が多いような気がします。
税理士の先生に任せるとか、そういったやり方ももちろんあるので、全部が全部デメリットとも言えないですが、多分、いま僕がデメリットだと感じているということは、やっぱりお金に対しての不安や改善すべき点があるということなんでしょうね。
ちなみに、いまは専属的に契約している先生はいなくて、自分で管理しているのですが、このあたりは今後改善していきます。

収入が不安定

先に書いたことにも関連しますが、結局、お金絡みが一番なのかもしれませんね。苦笑
会社に勤めていれば、ある意味安定した収入が入ってきますが、個人事業はそうはいきません。
もちろん、収入を増やすために色々なことに取り組んでいるわけですが、いつどうなるか分からないという意味で、いまはデメリットかなと感じています。
というか、この部分は一生付いて回ることなのかなーとは思っていますけどね。

社会的信用が薄い

ここは、完全に今後の課題ですね。
個人でやられている方で、社会的信頼がある方は本当に一握りだと思います。
どの範囲までを「社会的」と言うかは別ですが、相当メディアに出ているとか、実績を積んでいないとなかなか認めてもらえません。
まずは法人化して信頼を得ること、そして作って終わりではなく、継続していくことが重要ですね。
駆け出しの頃はデメリットですが、ここは自分の努力次第で確実にデメリットではなくなる部分だと思うので、頑張っていきます。

まとめ

突き詰めればまだまだあると思いますが、ざっとこの辺りかなと思いました。
いまの自分と向き合って、今後の課題として受け止めていきたいなと思っています。
そして、これはあくまでも僕が経験したり、感じていることであって、誰にでも当てはまることではないでしょう。
ただ、少しでも何かのお役に立てたら幸いです。

今日はここまでー。

AD

この記事が面白かったらシェアしてください!励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です