スポーツもビジネスもルールが大事。そして変化に対応できるかどうか。

こんにちは!呉 達人です。

今日は野球とビジネスの話です。

といっても、正確には「ルール」の話ですね。

野球に関しては、小学生の時に少年野球をやっていたこともあって、今でも野球観戦はちょこちょこ行くんですよね!
ちなみに、プロ野球は楽天イーグルスのファンです。
あの寄せ集め感がたまらなくて、野村克也監督が就任した球団創設2年目から応援しています。
応援といっても、関東にいるのでテレビではほとんど中継しないし、未だに本拠地には行ったことがないのですが、今年こそは応援に行きたいと思っています!

で、そんな話はどうでもいいんですが。。

今日は気になるニュースを見つけました。

野球に限らず、スポーツ界においても時代の流れというか、ルールって結構変わっていくものですよね。
今回のルール改正については、正直どうなんだろうというか、僕はどちらかとうと反対派です。

ただ、個人的な意見としてはそうなんですが、大事なことは変化を受け入れて対応することですよね。

反対反対って言っても、決まってしまったことは仕方ないので、それを受け入れ、対応できるように練習なりしないといけないわけで。
これはビジネスにおいても言えることだと思います。
ビジネスをするうえで、完全に自分だけのルールでビジネス出来る人ってまずいないですよね。

例えば、取引先があれば、その取引先とのルール(契約)があります。
何かの媒体(プラットフォーム)を使っていれば、そこにもルールがある。

それはこちらではコントロールすることができないので、変更があればそれに対応するしかありません。
(もちろん、明らかにおかしい場合で抗議したら覆るというケースもあるとは思いますが、ここでは除外で。)

変更の内容もケースバイケースですが、基本的なスタンスとして、変化を受け入れて対応する、これに尽きると思います。
逆に、これが出来ないが為に衰退したり、失敗することだってあると思います。

僕自身もこれまで様々なビジネスにチャレンジしてますし、これからもしていきますが、やっぱりここって重要だなと実感しています。
何かに依存している以上、そのルールからは逃れらないですからね。
逆にいえば、ルールに沿って真っ当にやっていれば、上手くいくケースもたくさんあると思います。

今回取り上げたニュースで、もちろん僕はプロ野球選手じゃないので直接は関係ないですが、その辺を改めて実感したので、記事にまとめてみました。

では、本日は以上です!

AD

この記事が面白かったらシェアしてください!励みになります。