舛添都知事の公私混同は「反面教師」

こんにちは!呉 達人です。


いわゆる「政治とカネ」の問題は、恐らくこの先、少なくとも僕が生きているうちは一生無くならないだろうなーと思っています。
今日の調査結果公表も、連日の報道を見ていればほとんど予想された内容で、結果として違法性は無し。
そりゃそうですよねー。
昔からある話ですが、ここまで来ると政治家って羨ましいなーとすら思ってしまいます。

許せないのは、言っていることとやっていることが違いすぎる

今日の会見で舛添知事本人も話していましたが、過去の取材や著書、あるいはテレビでの発言で、ざっくりまとめると「お金の管理ができない人は良くない」とか、「政治家としてカネの流れが不透明になることが良くない」的なことを仰っていたそうですが、結局あなたも、というところですよね。
細かい内容は各種報道番組やニュース記事にあると思うので、その辺りをまとめる時間は僕にとっても勿体ないので割愛しますが。

ただ、裏を返せば明日は我が身。
こうして色んなことを発信したり、別にインターネットに限らず、普段の仕事においてもこうした「発言の矛盾」的なことには気をつけないといけませんね。。。
勉強になります。とはいえ、政治資金なんて税金なんでしょうから、高い勉強代ですね。。。

こういった時に、何を学び取るかが重要。

決して許せる話ではないですし、仮にいま僕が舛添知事を見たら「税金返せ!」とか罵声を浴びせたいですよ。
でも、そうしたところで税金が減るわけでも返ってくるわけでもないわけで。
そうは言っても自分たちがちゃんと働いて稼いで、そこから徴収される税金が舛添知事はじめ、政治家さんたちの家族旅行とか、飲み代とかになっていることも許されないわけで。
結局、こういったことが起きた時に僕が考えることは、いかに自分に置き換えて勉強するか、学び取るか、ですね。
いや、決して言い訳の仕方とか、第三者に精査してもらうこととか、そんなことではないですよ。笑

僕自身も自営業として仕事してますし、まだ法人ではないですが、将来的には法人化したいですからね。
要するに、会社のお金を自分のために使ってしまうとか、そういった話ってよくあると思いますが、逆に言えばそれだけ自分にも起こりうる(起こしてしまう)可能性はあるということで、しっかり心に刻んでおきたいと思いますよ。

舛添知事だって、ちゃんと説明ができる内容であればみんな納得したと思いますが、今回はやり過ぎちゃったこと(というかお金の管理ができていなかった)に対してそれが表に出ちゃっている時点で、アウトですからね。

今回の問題点は、とにかく都民に納得感を与えることができていない、これに尽きていると僕は思っています。

今後の進退について、一応予想してみる

結局、辞任させたところで誰がやるのって感じですし、新しい都知事を選ぶにも多額の税金がかかりますからね。。。
とはいえ、このまま何もしないというのは誰も納得しないでしょう。
ただ単に辞めるだけだったら逆に簡単ですし、それはそれでドロンしてる感もあって、とにかくモヤモヤが残りますね。笑

僕の予想としては、今回の件で直接的に辞任はしないものの、そう先は長くないと思います。
もしくは、自公が次の選挙において重いとみたら切るでしょうが、正直いまの野党は舛添知事のことを引っ張り出しても勝てないと思うので、やっぱりしばらくはやるんだろうなーと思います。
このままうやむやにして、ある程度落ち着いて、次期候補が見つかったタイミングで辞めるとか、そんなところではないでしょうか。

個人的な予想なので、当たっても外れても、何にもなりませんけどね。

ただただ、第三者に精査してもらわないと、自分の行動が政治活動なのか私的なことなのかも分からない人が東京都トップにいるということが残念でなりませんけどね。(もちろん、本人は当然わかった上で、建前として第三者を立ててるだけでしょうけど。)

最後に

今後の展開がどうあれ、とにかくモヤモヤが残ること間違い無し。
どこかで舛添知事を見かけることがあれば、罵声の一つでも浴びせればスッキリすると思います。笑

今日はここまでー。

AD

この記事が面白かったらシェアしてください!励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です