6月の振り返り【ビジネス全般】

こんにちは!呉 達人です。

2016年も7月に入ったということで、もう半年が過ぎたんですねー。
本当にあっという間に感じます。
ということで、6月の振り返りです。

インターネット物販

メイン事業であるインターネット物販。中でもBUYMAとAmazonを中心に取り組んでいますので、その辺りを振り返っていきます。

BUYMAについて

6月は5月よりも売り上げ、利益ともに減少となりました。
大きな要因が1つあって、とある人気ブランドでの注文が入ってそれがかなり大きな売り上げ、利益になったんですが、キャンセルとなってしまったからです。。。
まぁビジネスをしていると、こんなことは日常茶飯事です。いちいち一喜一憂していても仕方ないので、その商品は在庫としてかかえて、別の媒体も含めて販売をしています。多分売れるとは思いますが、一つの注文だけでここまで左右されたこともなかったので、残念といえば残念ですよね。
正直、BUYMAに関してはここ最近、あまり新規のリサーチや出品をしていない部分もあるので、7月はもう少し頑張らなきゃな、という感じです。
もちろん、手を抜いているわけではなく、他の事業にもう少しウエイトを置いているからです。

それにしても、たった一つの注文で売り上げが大きく変わってしまうというのは危険で、BUYMAの中でも色々と分散させないとダメだなーということを改めて実感しました。これも良い勉強ですね。

Amazonについて

こちらはコンスタントに売れている商品があるので、売り上げも安定してはいます。
とはいえ、同じ商品がずっと売れ続けるなんてことはなく、いつか終わりがくることも分かっているので、次の一手は常にリサーチをかけている感じです。
インターネット物販の良いところは、別にAmazonだからAmazonだけのリサーチをやる、というイメージではなくて、商品に合わせて媒体を変えられるのが面白いですね。アパレルならBUYMA、国内ならAmazonやヤフオクなど、使えるものはどんどん使って行った方がいいですね。

中古品の取り扱い

6月に進めていたこととして、古物商の申請を行っていました。
時間とお金が少しかかりますが、物販ビジネスをしている以上、取得しておかないといけないものですからね。
これがあるだけでも、できることが増えてくるので、それだけでもプラスでしょう。
7月には承認が下りると思うので、新たな展開も検討していきたいですね。

7月の展望

どの事業も安定してきてはいますが、一寸先は闇。
常に新たな展開に進むための準備を怠ってはいけませんね。

BUYMAについて

直近では、扱っているブランドがだいぶ固まってきてはいますが、逆に言えば売れるブランド、売れないブランドの精査を行わなければいけない時期だと思っています。そういった意味で、既存ブランドの撤退と新規ブランドへの参入は必要だと思っています。
新陳代謝を良くして、集客しやすいアカウント作りをしていきたいですね。

Amazonについて

コンスタントに売れている商品を除くと、いわゆる「せどり」での販売になるわけですが、この辺りは縮小していこうかなと思っています。
古物商が取れたら販売できるアイテムやブランドは増えますが、Amazonは中古においては結構シビアな印象があるので、やるならヤフオクかなーという感じです。

新規事業への参入

新規事業、なんていうと仰々しい感じですが、やはり新たな展開は必要不可欠。
ということで、6月は新たな展開への第一歩として久しぶりにセミナーに参加してきました。
今までずっとメルマガを読ませていただいている方が主催したセミナーだったんですが、内容が非常に面白く、是非とも新たな事業の一つに取り入れたいと感じることができました。
詳細は少しずつ書いていきますが、7月は新規事業として立ち上げていきたいと思っています!

まとめ

ちょっと停滞期というか、悪くはないけど良くもない、という印象が強かったなーと感じます。
7月は気候的にも暑くなってバテやすいですが、ここでもう一歩踏み込み、下半期も着実に走っていきたいと思います!!

AD

この記事が面白かったらシェアしてください!励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です